科目名【授業題目(基礎教育科目のみ)】   講義形態
化学 【化学の基礎】 講義
学期・曜日・時限   他学科履修 必修/選択 単位数 時間数
春学期 : 金曜-1限 選択 2単位 30時間
担当者  
谷本 泰正
対象学科  ※現在表示している科目は、下線の学科の科目です。
[福祉]医療福祉(1年) , [福祉]臨床心理(1年) , [福祉]保健看護(1年) , [技術]感覚(視能)(1年) , [技術]感覚(言語)(1年) , [技術]健康体育(1年) , [技術]臨床栄養(1年) , [技術]リハ(理学)(1年) , [技術]リハ(作業)(1年) , [技術]臨床工学(1年) , [マネ]医療経営(1年) , [マネ]医療秘書(1年) , [マネ]デザイン(1年) , [マネ]医療情報(1年)
授業のねらい・到達目標  
高校化学の復習とその発展的な内容を,身近な現象,身近な物質に関連づけて学ぶ。生活と物質との関わりを考察できるようになることを目標とする。
授業内容  
高校で化学を学んでいない学生も想定して,高校化学の内容に触れながら,さらに発展した内容まで取り上げる。授業は生活と物質の関わりを意識しながら,物質のなり立ち,物質の量や濃度の表し方,酸・塩基や酸化還元反応などの化学変化,物質の状態,エネルギーなどに関する学習をテキストや配付資料を用いて進める。
生活と物質の関わりについて「ここで見つけた化学の話」としてまとめ,発表することを課題とする。
授業計画  
[1]科学における化学
[2]物質をかたちづくるもの-元素と原子
[3]原子の構造と周期律
[4]化学結合
[5]物質量
[6]化学変化の表し方
[7]濃度の表し方
[8]酸化と還元
[9]気体の性質
[10]化学反応と熱エネルギー
[11]化学反応の進み方と化学平衡
[12]水と溶液 束一的性質
[13]酸・塩基とpH
[14]ここで見つけた化学の話(グループ発表)
[15]ここで見つけた化学の話(全体発表)

評価方法  
[定期試験] 70%(講義内容の理解を確認する試験を行う。)
[レポート] 15%(身の回りの事物や新聞から見つけた化学に関する事項について「ここで見つけた化学の話」としてA4用紙1枚にまとめ,他の学生に紹介する。)
[受講態度・その他] 15%(リアクションペーパーの提出を求める。)
[備考] 課題「ここで見つけた化学の話」は,他の学生に説明の後,提出する。
テキスト  
野島 高彦『はじめて学ぶ化学』(化学同人)(2012)
参考書  
特になし
準備学習等  
前もってテキストに目を通して,疑問点を見つけておく。そして,講義の後に復習として練習問題に取り組むことで理解が深まります。
担当教員からのメッセージ  
私たちは多種多様な物質に取り囲まれて生活をしている。また私たち自身が物質から成り立っている。物質についての興味を持って生活に目を向け,そして生きていることについて考えてほしい。
オフィス・アワー
講義中以外の質問等は,リアクションペーパーへの記入,授業前後の休み時間,メール,メールで打ち合わせて面談など都合の良いものでどうぞ。連絡方法は授業内で知らせます。